傘立て

 

昨日の文章講座で、先生が言った。

「迷って書くほど良いものになる」と。

昨日の講座は、次回批評作品の提出日。

私はいつもなかなかまとまらず、当日の朝「えいやっ」で書いて出しているので迷う暇がない。

時間を置いて見直して、原稿用紙に書いてみて、と推敲すればいいということは分かっている。

だがどうにもスタートが遅い。遅すぎる。

いまだに産みの苦しみというか、書くべき題材に困っている状態だ。

 

最近やっと一つ、次回の中編のヒントが浮かんできた。

これを書いて批評してもらうのは早くても来春のことだが、

書き進めて手応えを感じていないと手を挙げにくい。

この数年、創作の物語を描くのに苦戦している。

経験を、自分の中で消化しきれていないのか、熟成が足りないのか。

迷う以前の問題。

しばらく苦しみは続きそうだ。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です