この一年半、乗り越えられなかった壁に挑んでいる

 

1年半ぶりに小説を書いている。

前回の作品の批評会で先生に言われたのが

「次回は50枚くらいの作品を書いてみなさい」

というものだった。

過去3回の出品は20枚から30枚の間に収まっている。

50枚というと、2倍のボリュームになる。

さてどうしようかと思案したまま、1年半が過ぎた。

1年過ぎたあたりで「このままでは永遠に書けない」と思い、

何のあてもないのに5月提出に手を挙げた。

しかしそこから数カ月、悩ましい日々が続いた。

 

私の作品は、日常の中の小さな出来事を題材にすることが多い。

ドラマチックでセンセーショナルな物語ではなく、

自分自身がしみじみと感じ入ったものを文章化する。

そういうときに20枚、30枚という文字量はとても収まりがいい。

一人の人物の一つの出来事と、そこに付随する諸々の人間関係を描いていくと、

無理なく完結できる。

50枚くらいになると、それでは足りない。

題材そのものに、もっと強いものが必要になってくる。

あれこれと考えて、書きかけてはやめて、残り時間が僅かになった。

打開策として20枚の作品で三部作を描くことにした。

一気に50枚の題材は見つからなかったが、20枚程度の題材はあった。

その3本を一つのテーマで綴ってみようと思っている。

今は第二部の執筆中。

明日には書き上げて最終章に入りたい。

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です