ミャンマー難民キャンプの子どもから届いた手書きのメッセージ

 

「アジアの図書館サポーター」というボランティア活動がある。

シャンティ国際ボランティアという団体が、アフガニスタン、ネパール、ミャンマー、

ミャンマー難民キャンプ、タイ、カンボジア、ラオスのアジア8地域の子どもたちに

教育機会を届けている。

毎月1000円の寄付を、その地域での図書館運営に役立ててもらっている。

寄付先から時折、郵便物が届く。

中身はさまざまだが、活動報告や緊急支援を求めるものなどが多い。

これだけの印刷物を用意して、全国に支援者に送付する費用はどれほどだろうと、いつも思う。

郵便物が届くたびに「この費用も支援に回せばいいのに」と思っている。

 

今日届いた「アジアの図書館サポーター」の郵便物は、いつもより大きな封筒で、いつもよりも薄かった。

開封すると、写真つきのお礼状が入っていた。

ミャンマーの難民キャンプで暮らす子どもからの直筆メッセージだった。

もちろん読めないのだが、日本語訳が添えられていた。

図書館で本を読むのが好き。

「ぞうくんのあめふりさんぽ」をよく読む。

大きくなったら先生になりたい。

 

寄付金がどう使われているか、日頃意識することはないが、こんなお知らせが届くのはうれしい。

ボールペンで丁寧に書かれたミャンマー語はまったく読めないが、見ていると優しい気持ちになった。

この団体からは去年も、写真つきで子どもからのメッセージが届いたことを思い出した。

会ったこともないし、難民キャンプがどこにあるのかも知らないけれど、きっと本でつながっているのだと思う。

誰かの役に立ててよかった。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です