県民の森

 

スキーもスノーボードもしたことがない。

バブル時代に学生だったが、ウィンタースポーツにはまったく縁がなかった。

あの頃はテレビでアルペンやビクトリアのCMがたくさん流れていた。

毎年冬になると広瀬香美の歌がヒットしていた。

バブルが弾けてからもクロカンやモーグルなど、遊び方のバリエーションが増えたが

私はいっさい興味を持たなかった。

何より寒そうだ。

雪が降る寒い日に、外に出なくてもいいものを。

と思っていた。

冬が好きになったのは山登りを始めてからだ。

夏が嫌いになった、という方が正しいかもしれない。

暑い時は登りたくない、動きたくない。

ウオーキングに出るのもいやだ。

冬はいい。

体を動かすベストシーズンに思えてきた。

そして今日はついに、雪山に登ってみた。

県民の森スキー場そばの毛無山。

登山道を少し登ると、雪は音を吸収するからか、何も聞こえない。

コゲラが木を叩く音だけが響いている。

すごく気持ちがいい。

天気は良くないし、ただ山を歩くだけなのに、楽しくて仕方ない。

初めて使ったワカンが途中で何度も外れるトラブルはあったが、

これは次回の宿題。

帰宅してさっそくバンドの長さを調整したので、次は大丈夫だろう。

冬はあっという間に終わる。

行ける時に行っておきたい。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です