焼肉屋の炭起こし

 

撮影の仕事をしていると、当たり前だが画質の良さを求められる。

通常の撮影ではISO100〜400が中心で、やや暗いところで800、

さらに暗いところでも1600あたりが限界だと、自分で思っていた。

だが最近のデジタルカメラはISO感度が高くても、けっこうノイズの少ない写真が撮れる。

ISO2500とか3200でも、掲載する媒体や目的のカットによっては問題なく使える。

そんなわけで、最近は光量が足りない現場では思い切ってISOを上げている。

今日は炭起こしの場面の撮影があった。

暗がりの中で飛び散る火の粉の雰囲気を出すには、そこそこのシャッタースピードが必要だ。

レンズは開放にして、足りない分だけISOを上げる。

本日のISOは4000。(SS=1/200、F2.8)

一昔前なら荒れ荒れになりそうな感度だが、きれいに撮れた。

 

これって「道具を信頼する」ということかなと思う。

自分の仕事道具を大切にして、信頼していれば

道具は期待に応えてくれる。

助けてくれる。

もちろん、道具のことをよく分かってあげることが前提だが。

よく「物に話しかける」と言うけれど、

話しかける=会話する=理解する

ということなのだと思う。

道具のことを気にしてあげて、いたわってあげて、大切にする。

日々、道具が良い状態にあるかをみておくことが大切だ。

 

と書いたところで、今日の反省。

撮影中にSDカードがいっぱいになり、一時中断。

しかも予備のカードが入っているボックスを忘れてくるという事件発生。

サブカメラのSDカードで代用してその場を凌いだが、

出発前の用品チェックでバッグから出した後

「忘れないようにしなければ」と思いながらのミス。

年齢とともに増える「うっかり」への対処もいろいろと考えなくては。

(あちこちに対策はしているが、それでもヒヤリとすることがある)

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です