本番前に画角のチェック

 

統一地方選挙が近くなってきた。

今月末には広島県議会議員、来月16日には東広島市議会議員の選挙が始まる。

選挙が近づくと、最近では急にSNSの発信を始める人がいる。

あからさまに有権者に媚びているようで、それを批判する人もいるけど、何もしないよりは良いかと思っている。

少なからず候補者の主張が見える。

逆に、日頃からバンバンに発信している議員も多い。

政治活動が有権者に見えるのはプロモーションとしても正解だし、市政報告としても有効だと思う。

個人的には発信していようがいまいがどちらでもよくて、議員としての能力と人としての誠実さを重視している。

仕事柄、選挙ツールの作成依頼がある。

知人の議員は、4年前にポスター用の撮影をした。

今年は撮影の他。印刷物一式も任せてくれた。

彼とは互いに会社員時代からの付き合いで、地域団体に所属している時は顔を合わせることも多かった。

近年は年に数回しか会うことがないが、それでもこういった時には声をかけてくれる。

そういう心配りができる男なのだ。

私に対してだけでなく、彼の周りの事業者それぞれにも同じように接している。

付き合いの頻度が減っても、いざというときにの信頼関係は変わらない。

パフォーマンス的な発信はしないし、実績は派手ではないけれども、事業者としての私を尊重してくれる。

それだけでじゅうぶん、支持に値する人物だ。

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です