大島の昼下がり

 

今日から3日間、しまなみ海道の取材だ。

向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島

6つの島々に暮らす人たち、根付く産業などをクローズアップする。

取材するにあたっては、いつも企画の根底に流れるテーマやキーワードなどを思い描く。

もちろん私の勝手なイメージから作り上げる仮説なのだが

仮説がないと、ありきたりのことを聞くだけの取材になってしまう。

この人のどこにスポットを当て、何を尋ねるのか。

何を深掘りしていくのか。

深みのある取材をしようと思えば、予習も必要だ。

 

しかし、どんなに予習して仮説を練っても、思った通りに話が進まないことがある。

こちらが知りたいことと取材対象者が言いたいことがイコールでないことはままあるし、

建前と本音のギャップもある。

 

幸いなことに、結論が決まっている取材は滅多にない。

取材を通して感じたものをベースに、記事化する自由がある。

今回も初日から、仮説とは少し違った現実が見えてきた。

明日もその仮説を前提に取材するが、最後は想定していたテーマの通りにはならないだろう。

それが取材の面白さだと思う。

黒だと思っていたものが、取材をしてみると白だったということもある。

真実はいつも現場にあるのだ。

自分の取材を信じているからこそ、誰にも書けない記事が書けると思っている。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です